現在の課題に焦点をあてて工場を稼働させ続けるにはどうするか?

政府の方向性は明確です。
それが可能な人は皆、家で仕事をするべきです。
しかし、製造業または重工業の会社である場合、それはどのように機能しますか?
センサイ(Senseye)の共同創設者兼CEOであるサイモン・カンパ(Simon Kampa)博士は、AIを活用した予測メンテナンステクノロジーがこれらの課題の解決にどのように役立つかを説明しています。

現在のパンデミックの最前線にいる企業にとって、ジレンマがあります。彼らはこれまで以上に生産しています。
機械メーカーの推奨する運用モデルを超えることで、計画外のダウンタイムと品質の問題につながるさらなる運用上のリスクを負っています。

最前線の取り組みの一部とは見なされていないが、それでも運用する必要がある人は、ロックダウンポリシーに挑戦されます。
安全上のリスクを軽減する必要性。つまり、より少ないスタッフで運用する必要があり、少ないスタッフまたはリモートで運用するスタッフで生産するソリューションが必要です。

メーカー向けのソリューションをご利用いただけます。
クラウドベースの予測メンテナンスは、生産性が高くリソースを制限するメーカーをサポートできます。

たとえば、Senseye PdM を使用すると、(クラウドベースであるため)あらゆる場所のユーザーが、多数のさまざまな制作資産を一度に監視できます。
管理者は傾向を監視し、今後の失敗のシグナルが記録されている場合に通知を受けることができます。
その後、技術者がケースを確認し、機械の専門家が生産ラインを停止することなく修理作業を計画できます。
このプロアクティブなアプローチは、計画外のダウンタイムを最大50%削減し、スクラップを削減することで強力な結果をもたらし、過剰生産と少ないスタッフの課題の両方を解決します。

情報をリモートで監視およびアクセスする実証済みのソリューションを実証することにより、柔軟性、可用性、および現在の課題を理解することは、今日のCIOと製造業者が運用を続けるために必要なことです。
ソリューションは、削減された労働力のプレッシャーを支援し、マシンとプロセスを可能な限り効率的に実行しながら、スタッフの健康と顧客満足度を保証する必要があります。

計画からクラウドベースの予知保全への移行はまさにそれを行います。

Sensey PdMがどのように役立つかについて更に情報をお求めの場合は・・・
ホワイトペーパー「Harness the Power of Prediction 」をご覧になるか、Senseye PdMのデモをご予約ください